souple流寒さ対策!!

こんにちは♪
再びオガワ(メルマガ担当)です。
毎日サム~い日が続いておりますね。。。
皆様、寒さ対策どうしてますか?

Soupleで一番の寒がりといえば…
↓このヒト↓
fuji.JPG

床暖房、空調MAXになっていれば犯人このヒトです。

そんな寒がりのフジー(マネージャー)ですが、
ホットワインを作らせたらピカイチ★です!
フジーのホットワイン¥500- (勝手に命名しました)
1/30(水)からスペシャルで登場します!
シナモン、八角、丁子、ナツメグやジュニパーベリー、レモン、オレンジ、
そしてスープルテラスで育ったハーブまでが入ってます。

是非飲みにきてくださ~い。

ちなみに、シェフ田代のあったかお野菜スープも
ランチからご用意してます♪(ランチなら¥300)お得!
あったまりますよん♪
そんなあったか~いSoupleに是非お寄りくださいね★

皆様のご来店お待ちしておりま~す!


オショロコマ

普段メルマガを担当しているオガワです。
突然ですがオショロコマ。↓
oshyoro3.jpg
2/7(木)祝★6周年ウィークスタート!!
この子達が炭火焼になってSoupleに登場~!!
こんな顔です。
北海道 然別湖産 オショロコマの炭火焼き  ¥1,000- 
おいしいですよ~♪


6周年記念のお得な情報<2/7(木)~2/10(日) そして2/11(月・祝)>

先日お伝えしましたが私共スープルは、来月2/5で6周年を迎えます。
これも皆様のご愛顧によるもので、心より感謝申し上げます。

2/7(木)~2/10(日)は『6周年記念ウィーク』
2/11(月・祝)には、『6周年記念パーティー』(~真冬のSouple感謝祭)
先着60名様でのパーティー
についてふれましたが、今回、その詳細を。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2/7(木)~2/10(日)
『6周年記念ウィーク』
6種類の特別料理と6種類の特別価格ワイン(通常営業に加え)

*自家製ブリオッシュと庄内牛のハンバーガー ¥1400
*北海道 尾岱沼産大ホタテのポワレ パルミジャーノのリゾット添 ¥2000
*北海道 然別湖産 オショロコマの炭火焼き    ¥1000
*岡山産 猪の3種の食べ比べ<自家製ソーセージ、赤ワイン煮込み、炭火焼き> ¥2800
*広島産 吉川さんの有機野菜の盛り合わせ ¥1200
*産地直送 魚介の釜焼きピッツア  ¥2500
のこの期間のみの素材にこだわったお料理を。

また、ワインは
2/7(木)- キスラー シャルドネ'04  ¥2,000(グラス)
2/8(金)- カレラ ジェンセン ピノノワール'98 ¥2,000  
2/9(土)- ルーチェ'99 ¥2,000
2/10(日)-Ch.ラフィット・ロートシルト'91 ¥3,300

といった通常価格の30~50%オフの特別価格でご提供する他、
毎日異なるアイテム、通常¥2,000前後のワインをすべて¥1,000
でご用意しております。
('95Ch.ダルマイヤックや'93Ch.カロン・セギュールのマグナムボトル、
メルヴィル・シラー、ミクルスキーのムルソー等日替わりで5種類のワインがすべて¥1,000で
)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2/11(月・祝)
『6周年記念パーティー』~真冬のSouple感謝祭
17:00~20:00
当日¥6,600 前売り¥6,000
60名様限定(早いもん勝ちです)
何と60種類ワインが飲め、お料理もこの日だけの特別料理をブッフェ
様々にお愉しみいただけます。
又、この日は、恒例となった『輪投げ』大会も開催致します。
ずらっと並べられたワインワイン関連のレアなグッズを目当てに輪投げを行います。
今回は、目玉商品として『折り畳み自転車』までが!!!!!
皆様、輪投げの練習もしていて下さいね。

ご予約は06-6774-9000まで
お気軽にお問い合わせ下さいませ。
メールでも souple@wassys.co.jp


2/6(水)『ベルグストロム』ワイン会

次回2/6日(水)に開催される『ベルグストロム・ワイン会』。
お席も大分埋まり、すでに現在16名様のご予約を頂いております。
25名様あたりで開催しようと考えておりますので、
まだ、お席はございます。
悩まれている方、是非、お早めにご予約を。
さて、いよいよ、このベルグストロムのワインも、続々と届いております。
berg.JPG
ヨーロッパ調のシンプルなラベルですが、とんでもないパワーを秘めたワインなのです。
そして、ワイン会当日は、このオレゴンのピノ・ノワールの為に、
リーデル社が、つい最近作り出したばかりのグラス

リーデル オレゴン ピノ・ノワール』を使用致します。
oregonpn.JPG
芳香性が高く、ガッシリとした骨格、スパイシーさというオレゴンのピノのポテンシャルを
最大限に引き出す為に、あのリーデルが、異例とも言える一地方のピノの為にわざわざ
開発したグラスです。
まだ、おそらくご覧になられた事がない方ばかりだと思います。
こちらも是非、楽しみにしていて下さい。
では、皆様のご参加をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

『ベルグストロム ワイン会』

場所:Wassy's Dining Souple
      <大阪市四天王寺区六万体町5-13 Wビル3F>

http://www.wassys.co.jp/souple/ope_hours.html
日時:2008年2月6日(水)
   20:00~22:30 (19:30より受付)
お値段:¥15,000(税込)
ご予約:TEL:06-6774-8866(ワッシーズにて受け付けております)
メールにてお問い合わせは
shop@wassys.co.jpまで

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

~過去のワイン会の様子はこちら~

『メドロック・エイムズ』
http://plaza.rakuten.co.jp/souple/diary/200712010000/
『ブライダ』
http://plaza.rakuten.co.jp/souple/diary/200710180000/
『ペンフォールズ』
http://plaza.rakuten.co.jp/pacificwine/diary/200710040000/
『マージョラム』
http://plaza.rakuten.co.jp/wassyshadanori/diary/200711170001/
『トロワ・クロワ』
http://plaza.rakuten.co.jp/souple/diary/200702080000/
~ベルグストロムのマメ知識~
『風の流れる山』という意味を持つこのベルグストロム。
確かに、広大なオレゴンのなだらかな丘陵地にワイナリーがあり、
太平洋からの海風が、ゆるやかに吹き付けておりました。
これにより、凝縮した果実味や、ガッシリとしたタンニンの奥に、
酸味がしっかりと備わるのでしょう。
logo2.JPG
このシンプルながら、インパクトのあるラベル。いかにも『強そう』なイメージですが、
このラベルの中心にある5つの王冠は、
さまざまな国籍からなるベルグストロム・ファミリーの5人の子供たちを表しているそうです。
右上のゆりの花はフランスを象徴し、
ワインメーカー、ジョッシュがブルゴーニュで栽培・醸造学を学んだ地であることと、
奥様のカロラインがフランス人であること。
左下の十字架はジョッシュの甥、ポール・デ・ランチェロッティ(イタリア人)の家紋であり、
右下のどんぐりは畑の輪廻転生を表している。
そして左上の花は、スウェーデン北部に稀に見つけられるモッシパと呼ばれる花
(ジョッシュの父親はスウェーデン出身)で、その希少さと美しさは
まさにオレゴンピノ・ノワールを発見したときの喜びと同じだと意味しているそうです。


スタッフより

先日、新スタッフの君島を紹介した所、従来よりスープルの看板娘となっている
スタッフ達が、『何で君島君だけ?私も紹介して!!』と。
なので今更ですが、ココで。
2.JPG
『Soupleサービススタッフ歴1年のオガワです。
元OL。メルマガなんかも書いてます。
マネージャーによくいじめられています。
新スタッフと共に、フレッシュな気持ちで頑張りま~す!!』
by 小川留美子(左)

『学生の頃からこのSOUPLEが大好きで働いてる中田です(地元っ子)
前スープル・仮店舗スープルを経て、現在のスープルを
どんどん盛り上げていきますので宜しくお願いします!!
笑顔いっぱいで皆様のお越しをお待ちしております☆★☆』
by中田英理子(右)

だそうです。
私達スープルも来月2/56周年を迎えます。
これも皆様のご愛顧があっての事と。心より感謝申し上げます。
詳しくは近日ブログでお伝え致しますが、
2/7(木)~2/10(日)は、『6周年記念ウィーク』と題しまして、
6種類の特別料理6種類の特別価格ワインをご用意しております。
2/11(月・祝)には、『6周年記念パーティー』(~真冬のSouple感謝祭)と題し
60種類のワインが楽しめ、料理もブッフェスタイルのパーティー
企画しております。(先着60名様)
是非、皆様とご一緒にSouple6周年をお祝いしたいっ!!
たくさんのご予約、お待ちしております。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2/11(月・祝)
『6周年記念パーティー』~真冬のSouple感謝祭
17:00~20:00
当日¥6,600 前売り¥6,000
60名様限定(早いもん勝ちです)
60種類のワインが飲め、お料理もブッフェで様々にお愉しみいただけます。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2/7(木)~2/10(日)
通常営業に加え、6種類の特別料理と6種類の特別価格ワイン
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ご予約は06-6774-9000まで
お気軽にお問い合わせ下さいませ。
メールでも souple@wassys.co.jp


新スタッフ紹介

本日1/21よりスープルに新スタッフが加わりました。
これまで、1階のWassy'sで活躍していた
君島 隆幸が、スープルのラインナップに。
これまでのワインショップで培った知識を武器に頑張ってくれると思います。
では、そんな君島君(←何かクンを付けたら変・・・)から抱負を一言。
頑張ります。どんどんいじって下さい・・・・
200801220324001.jpg
だそうです。人見知り激しいですが、今後は積極的に話しかけていく事と思います。
従来のスタッフ共々、宜しくお願い致します。


ベルグストロム・ワイン会 にあのワインが参戦!

2/6(水)スープルにて開催されます『ベルグストロム』ワインメーカーズ・ディナー
先日、この詳細をお伝えいたしましたが、( http://plaza.rakuten.co.jp/souple/diary/200801100000/ )
既に何組かのお客様にご予約を頂いており、誠に有難うございます。
この日のワインは

2006 ドクター・ベルグストロム リースリング ウィラメットヴァレー
2004 ベルグストロム ピノ・グリ ウィラメット・ヴァレー
2005 ベルグストロム ピノ・ノワール ウィラメット・ヴァレー
2004 ベルグストロム ピノ・ノワール カンバーランド・リザーヴ
2004 ベルグストロム ピノ・ノワール ベルグストロム・ヴィンヤード

に加え、最後の一つ『レアアイテムが・・・』とありましたが、
そのワインが決定いたしました。
2003 ベルグストロム ピノ・ノワール アーカス・ヴィンヤード
です。

この2003年のアーカスは、某ワイン雑誌でベルグストロム、いやオレゴンのピノで最高得点の95点を
獲得したワインなのです。しかも現在は、作られていない最後のヴィンテージ!(この理由は下で)
数も非常に少なく、おそらく今回が最後の登場でしょう。

今回、このオレゴン史上最強のピノが加わり、まさに隙のない布陣となったベルグストロムのラインナップを、
生産者ジョシュ・ベルグストロム氏を囲んで、スープルのお料理と共にお愉しみ下さいませ。

お席は、限りがございますので、是非、お早めのご予約をお待ちしております。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

『ベルグストロム ワイン会』

場所:Wassy's Dining Souple
      <大阪市四天王寺区六万体町5-13 Wビル3F>
http://www.wassys.co.jp/souple/ope_hours.html
日時:2008年2月6日(水)
   20:00~22:30 (19:30より受付)
お値段:¥15,000(税込)
ご予約:TEL:06-6774-8866(ワッシーズにて受け付けております)
メールにてお問い合わせはshop@wassys.co.jpまで

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2003 ベルグストロム ピノ・ノワール アーカス・ヴィンヤード について~

オレゴンのこの2003年という年は、猛暑でピノ・ノワールにとって厳しい年であり、
繊細さを出すには難しい年でした。
そんな年でありながら、このベルグストロムのアーカス・ヴィンヤードからは、
本来の力強さを引き出しながら、しなやかなタンニンの奥に、どっしりと丸みのある酸味、
ミネラル感が感じられ、全体が、引き締まったまとまりが感じられます。

ワインスペクテーター誌が、このワインに95点を献上し、オレゴンの実力を
世界に知らしめたのです。

ところで、このアーカス・ヴィンヤード。
そもそもベルグストロムは、自社畑(ベルグストロム・ヴィンヤード)以外に、いくつもの契約畑の
葡萄を使用しております。
これはベルグストロムだけでなく、オレゴン全体で行われている事なのですが、
他のワイナリーの畑を、購入し、ラベルに自分のワイナリーの名前と、他社の畑の名前を表示する事が
広く執り行われております。
このアーカス・ヴィンヤードも、近くの名門ワイナリーのアーチェリー・サミットの所有する畑でした。
このアーチェリー・サミットも評価の高いピノ・ノワールを、このアーカス・ヴィンヤードから
産み出しておりましたが、
自分の畑を使って仕上げたベルグストロムが、世界的に高評価を受け、畑の持ち主である自分よりも
評判が良くなったものですから、
『今後はもう売らない!』
となってしまったのです。ベルグストロムとしては、幸運なのか不幸なのか・・・。
ま、とにかく、この2003年産のベルグストロムの手によるアーカス・ヴィンヤードのピノ・ノワールは、
最後のヴィンテージとなってしまったわけです。
arcus2.JPG
写真は2002ですが、ワイン会では2003年をご用意しております。

 

 

 

Fujitsugu


とんど祭りありがとうございました。

先日1/14(月・祝)、非常に寒い天候の中、とんど祭りにお越し下さった皆様、
誠に有難うございました。
お陰様で、11時から限定商品だった
『庄内牛の煮込みハンバーガー フォアグラ添え』
『北海道産 仙鳳趾の特大焼牡蠣』は勿論の事、
定番となった『ニュージーランド産牡蠣のガーリックバター焼』
『丸ごとパルミジャーノ・チーズリゾット』

そして新登場の
『自家製 茶美豚のロースハム』
『じっくり煮込んだお野菜のポトフ』
『丸ごとリンゴの温かいコンポート』

もすべて、売り切れました。
有難うございました。
限定商品は、11時前に行列が出来、あっという間に予定数となってしまいました。
今回、こちらをお目当てにお越し下さった方、申し訳ございませんでした。
次回、また何かに登場させますので、その際に皆様にも味わって頂けたらと思います。
hamburger.JPG
限定で今回、あっという間に売り切れだった
『庄内牛の煮込みハンバーガー フォアグラ添え』

risotto.JPG
やはり人気強しの『丸ごとパルミジャーノ・チーズリゾット』
oyster.JPG
『ニュージーランド産牡蠣のガーリックバター焼』
saikoubi.JPG
paf.JPG
『じっくり煮込んだお野菜のポトフ』も早い時間に・・・。
kanpai.JPG
次のSoupleのイベントは
banner.JPG


『ベルグストロム』ワイン会開催決定! 2/6(水)

banner.JPG
来月2/6(水) スープルにてオレゴンのトップ生産者『ベルグストロム』より
生産者を招いての『ベルグストロム』ワイン会が開催されます。
皆様、『オレゴン』という地域をご存知でしょうか?

映画『スタンド・バイ・ミー』の舞台となった場所、
昔のテレビドラマ『オレゴンから愛』の舞台となった場所。
畑が遠く地平線まで広がる光景が印象的で、これらをご覧になられた方は、
アメリカ大陸の内部だとイメージされる方が多いようですが、
カリフォルニアの北に位置する太平洋に面した西海岸の大地です。
oregon2.JPG
近年、このオレゴン州は、良質のワイン産地として認められてきております。
歴史的にはまだ短いものの、世界三大ピノ・ノワール産地として、
世界的に脚光を浴びております。
ブルゴーニュ以上にエレガントな仕上がりのものから、複雑なもの
そしてパワフルさが前面に押し出されたものまで幅広いピノノワールが産み出される
大地なのです。(広大なアメリカからみれば、ほんの小さな大地です)
また、ピノノワールだけにとどまらず、ピノグリリースリング
これまでの新大陸にはない、上品さを持ち合わせた素晴らしい仕上がりを見せております。

そのオレゴンの中でも最高の造り手のひとつ『ベルグストロム』より、
オーナー兼ワインメーカーのジョシュ・ベルグストロム氏がスープルにやってきます。
勿論、オレゴン屈指ののピノノワールをいくつも引っさげて!

彼を囲んで、ワイン造り、オレゴンという地、ピノノワールについて等
楽しいお話を交えながら、世界でもトップレベルのピノノワールに酔いしれましょう!

この日は、スープルのシェフ田代がこのベルグストロムのワインのためだけに仕上げる
最高のマリアージュ料理をご用意しております。
この日のワインのラインナップは
2006 ドクター・ベルグストロム リースリング ウィラメットヴァレー
2004 ベルグストロム ピノ・グリ ウィラメット・ヴァレー
2005 ベルグストロム ピノ・ノワール ウィラメット・ヴァレー
2004 ベルグストロム ピノ・ノワール カンバーランド・リザーヴ
2004 ベルグストロム ピノ・ノワール ベルグストロム・ヴィンヤード

さらにもう一種類、超レアアイテムも加わります。
なお、お席に限りがございますので、お早めのご予約をお待ち申し上げております。
berg_logo.JPG
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

『ベルグストロム ワイン会』

場所:Wassy's Dining Souple
      <大阪市四天王寺区六万体町5-13 Wビル3F>
http://www.wassys.co.jp/souple/ope_hours.html
日時:2008年2月6日(水)
   20:00~22:30 (19:30より受付)
お値段:¥15,000(税込)
ご予約:TEL:06-6774-8866(ワッシーズにて受け付けております)
メールにてお問い合わせは
souple@wassys.co.jpまで
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ベルグストロムとは~
1999年に初リリースという、まだ新進気鋭のワイナリーながら、2001年に
このベルグストロム ウィラメット・ヴァレー のピノ・ノワールが評価され
オレゴンのトップ生産者に仲間入り。
さらに2003年のベルグストロムのワインは4種類が世界的なワイン雑誌で高得点を叩き出し、
一躍、世界でもトップレベルのピノノワールのひとつとなったのです。
また、この最高の品質を維持するべく、年間6000ケース以上のワインは生産していないため、
あまり皆様もお見かけないレアなカルトワインでもあります。。
実際に訪れた際も、『よくもまあこんな小さな小屋から、あんなパワフルなワインが出来るなぁ』
というのが率直な感想でした。(当時新ワイナリーを建設中でしたが)
有機栽培による自社畑の他、オレゴンで最高のいくつもの畑と契約し、
様々なワインを仕上げるこのベルグストロムですが、
それらすべてのワインから一貫してベルグストロムらしさ、というべき凝縮感、骨格のがっしり感が感じられます。
bergstrom.JPG