新年は1/2(金)より皆様をお待ちしております。

昨日12/29で、私共スープルは2008年内の営業を終えさせて頂きました。
このように無事に年末を迎える事が出来ますのも、
皆様より多大なるご愛顧のおかげでございます。
2009年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
なお、スープルは新年1月2日(金)より営業を行います。
1/2(金)~1/5(月)の期間は、
特別料理と特別ワインをご用意させて頂きました。
~新年特別企画~
 ●2005オーパスワン ¥2,009(グラス)
   『第一楽章』と言う名を持つこのワインは、
   まさに新年の幕開けにピッタリではないでしょうか。
   最新ヴィンテージを、2009年にちなんで2009円の特別価格で。
~シェフの田代のスペシャル料理~
 ○山形産 庄内牛フィレ肉の炭焼きステーキ 赤ワインソース ¥2,009
 
  やはり丑年の2009年は、やはりコレで始まりです。
   とろけるような柔らかいジューシーな味わいがたまりません。
  ○鹿児島産 黒毛和牛フィレ肉のスペシャル・カツサンド ¥2,009
   スープルの定番人気商品カツサンドに、
   何と黒毛和牛のフィレ肉を贅沢に使用した正月特別ヴァージョンが登場。
   やはり正月におせち料理とおとそは欠かせませんが、
   スープルのお料理とワインも是非、宜しくお願いいたします。
では、皆様のお越しをスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。  
なお、新年1/2(金)~1/5(月)17:30より23:00までの営業とさせて頂きます。
ご了承下さいませ。
1/7(水)より、深夜2:00までのバー営業も行います。 
それでは、皆様、よいお年をお迎え下さいませ。 
年末年始の休暇のお話などを聞かせていただく事を、
スタッフ一同楽しみにしております。 


12/27(土)~来年の干支“丑”ラベルのワインを。

いよいよ本年の営業も残す所、明日27日(土)、そして29日(月)となりました。
(明後日28日(日)は勝手ながらお休みを頂きます。申し訳ございません)
皆様には、本年、多大なるご愛顧を賜り、本当に感謝申し上げます。
また、来年2009年も何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、明日は今年2008年最後の『水・土のスペシャルグラスワイン』となります。
最後を飾りますのは、来年の干支でございます『
が描かれたワインをご用意させて頂きます。

 2006 ミウラ ピノ・ノワール ゲイリーズ・ヴィンヤード ¥1,500
 2006 コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ ドメーヌ・ダンデゾン ¥800
ushi.JPG

前回、『ピゾーニ』特集でも登場しましたこのカリフォルニアのミウラ
3種類の生産者の『ピゾーニ』畑の中で、最も人気が高かったのがこのミウラでした。
リッツ・カールトンのソムリエを退いたエマニュエル・ケミチ氏が、
ソムリエという立場から見たお客様へ提供したい理想的なワインを仕上げております。
ラベルに描かれた牛は、確か、スペインの闘牛が好きで、この闘牛をモチーフにしたと
お会いした時に仰っておりました。ちなみにワイン名のミウラという名前は、
彼がランボルギーニのミウラが好きだからだそうで・・・・。
そんなミウラの今回は違う畑『ゲイリーズ』のピノをご用意させて頂きました。

そして、もう一つは、フランスのローヌ地方で仕上げられるスパイシーな赤。

共に、力強い丑が描かれております。
一足お先に、丑の気分を迎えてみませんか?

では、本年最後のスペシャルグラスワイン、
スタッフ一同、牛とともにお待ち申し上げております。

なお新年は1月2日(17時~23時まで)から営業致します。
『水・土のスペシャルワイン』の第一弾目は、
1/2~1/5までに拡張し、2005オーパスワン¥2009
で毎日お届けさせて頂きます。
皆様の年末年始の休暇のお話を、お伺いするのを楽しみにしております。


メリークリスマス

こんにちはえりんこです。
今年もあと1週間をきりましたね・・・。
 今日の出来事なのですが、先ほどみんなでごはんを食べている時の事、
シェフがいきなり「あっ!!」と席を立ち、
まぁウィンク仕込みのタイマーか何かを忘れていたのか?と思っていたら、
なんと・・・・
ジャーン!!びっくり
2008.12.25クリスマスケ-キ (全体ブログ).JPG
クリスマスケーキ藤次マネージャーとシェフからのクリスマスプレゼント
スタッフ大喜び!!
メッセージは大笑い
Merry Christmas みんないつもありがとう
ですって・・・。(涙)号泣号泣号泣号泣
ワイン屋だけあって、
2008.12.25クリスマスケ-キ (ブドウブログ).JPG
ブドウの絵まで!!
これにはスタッフもニンマリ
2008.12.25クリスマスケ-キ(岩本ブログ.JPG2008.12.25クリスマスケ-キ (丸さん).JPG2008.12.25クリスマスケ-キ (勝木&カッシーブログ).JPG
本当に、本当にありがとうございます。
2008.12.25クリスマスケ-キ(シェフ&フジー).JPG
今年も後わずかですが、スタッフ一同頑張ります。
そして、来年もよろしくお願い致します。Byスタッフ
そんな、仲良しスープルは
29日(26時)まで営業します。
新年は1月2日(17時~23時まで)から営業致します。
是非遊びにきてください。


クリスマスイヴを彩るボルドーの銘城達がグラスで登場。

明日は、クリスマスイヴですね。
スープルでは、こんなワインをご用意させて頂きました。

 2005 パヴィヨン・ブラン・デュ・Ch.マルゴー ¥1,500
 1999 レ・フォール・ド・ラトゥール ¥2,500
 1997 Ch.カロン・セギュール <マグナムボトル> ¥1,500
christmas.JPG

まずは、白のパヴィヨン・ブラン・デュ・Ch.マルゴー
ご存知、ボルドーでもっとも女性的で気品ある仕上がりのトップ・シャトー
『シャトー・マルゴー』
『ワインの女王』ともしばし称され、文豪ヘミングウェイもこのワインを愛し、
孫娘にマルゴーの名を付けた程です。
その白が今回登場。白も勿論、気品ある仕上がり。
まさに白いドレスをまとった女王です。

赤の一つめは、レ・フォール・ド・ラトゥール
こちらも、マルゴーと並ぶボルドーのトップ5のひとつ。
人気も最も高いこの『シャトー・ラトゥール』
ライオンの跨る塔が描かれたラベルからも、王者の貫禄がうかがえます。
味わいも力強く、時には頑固っぽさすら感じられます。
そのラトゥールの比較的若い樹の葡萄から仕上げられたのが、
このレ・フォール・ド・ラトール。
頑固な感じがややおだやかで、その分、今飲むならこちらの方が、
滑らかに感じられます。

そして3つめは、
Ch.カロン・セギュール
かつてあの5大シャトーであるシャトー・ラトゥールとシャトー・ラフィット・ロートシルト
を所有していたセギュール侯爵が、これらの一流のシャトーを所有しつつも
『わが心はカロンにあり』とこのカロンセギュールを最も愛したのです。
その逸話によりラベルには大きなハートが描かれ、
そのハートのラベルで有名なのですが、味わいの評価だって素晴らしいのです。
しかも、今回はマグナムボトル。
通常のボトルよりもゆっくりと素晴らしい熟成が期待できます。
1997年という11年の熟成を経て、すばらしく変貌を遂げております。

明日も勿論、深夜2:00まで営業を行っておりますので、
もしお時間のご都合が宜しければ、是非お立ち寄り下さいませ。
明日は21:00頃からお席も空いていると思えますが、
ご面倒ですが、ご来店下さる前にお電話で、お席の状況をご確認頂けますと
幸いでございます。
Souple:06-6774-9000

スタッフ一同皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。
Merry Christmas!


クリスマスコース大公開

こんにちわ~えりんこです。
クリスマスクリスマスツリーもマジか・・・皆様はどのように過ごすご予定でしょうか?
えっ?えりんこですかぽっ(照)どきどきハート・・・・・・・・・
もちろんスマイルスープルにて皆様をお待ちしております。
さて今回は、23日~25日までの
シェフ田代の限定クリスマスディナー

の内容を一挙大公開!!
スープルのフルコース!!

Amuse bouche|アミューズ
鴨とフォアグラのリエット
グージェール仕立て
Hors-d'oeuvre|前菜
ホロホロ鶏腿肉のバロンティーヌ 
有機野菜とレンズ豆のサラダ添え
Hors-d'oeuvre|前菜
ホタテとオマール海老のカネロニ
カプチーノ仕立て
Dish of fish|お魚のお料理
イトヨリのポワレ
聖護院カブラのソース
Dish of meet|お肉のお料理
エゾ鹿の炭火焼き
赤ワインソース
After the meal|食後の一皿
マルキーズショコラ
キャラメルとフランボワーズのソース
炭火焼パン
コーヒー or 紅茶付
¥5.000-
素材にこだわったフルコース

Amuse bouche|アミューズ
鴨とフォアグラのリエット
グージェール仕立て
Hors-d'oeuvre|前菜
ホロホロ鶏腿肉のバロンティーヌと
季節のお野菜のテリーヌ
Soup|スープ
ポルチーニ茸の温かいスープ
鶏のクネルを添えて
Hors-d'oeuvre|前菜
ホタテとオマール海老のカネロニ
カプチーノ仕立て トリュフ風味
Dish of fish|お魚のお料理
イトヨリのポワレ 
聖護院カブラのソース
Dish of meet|お肉のお料理
シャラン産鴨胸肉のロースト
赤ワインソース
After the meal|食後の一皿
マルキーズショコラ
キャラメルとフランボワーズのソース
炭火焼パン
コーヒー or 紅茶付  
                         
¥7.000-

もし、私がスープルスタッフでなければ
クリスマスディナーに必ず行きたいお店ですね。
24日は早い時間が込み合っておりますが・・・。
まだ飲み足らない・・・方!!バータイムにてお待ちしております!!
23日(火)&25日(木)はまだお席がございます。
今からでも遅くありません!!是非お待ちしております。

※お1人の方でも、いつも通り単品でもお食事ご用意しております。
皆さんのお越しをお待ちしております。


特大のカキと特大のホタテが入荷。

本日から1階のワッシーズでセールがスタート。
朝から多くのお客様にご来店頂き、誠にありがとうございます。

やはり『ムートンを探せ!』¥2,500は大人気!
48袋に1本、2004年のCh.ムートン・ロートシルトが入っているのですから。
ムートンが入っていなくてもボルドーのCh.クロワムートン(通常¥3,150)が
入っているという、ハズしてもお得なゲーム。よろしければ挑戦してみて下さい。
mouton.JPG
また、50%オフのワインも続々と登場。
私が大好きなヴィアデアが仕上げる珍しいテンプラニーリョの『ディア』
登場しておりました。びっくりです
通常¥7,140が ⇒ ¥3,570になってました。
これは、私も1本買って自宅セラーに置いときます・・・。
dare.JPG
是非、皆様、このセール期間(31日まで)にお越し下さいませ。
なお、本日よりワッシーズは23時まで時間を延長して営業しております。
お仕事で遅くなった方、忘年会などで食事をされた後でも、安心ですね。

なお、私共スープルでは先程、びっくりするくらい大きなホタテ貝牡蠣が届きました。
シェフの田代と相談、これを明日12/22(日)に特別料理で使用する事に。
StJHuit.JPG

仙鳳趾産殻付カキとほうれん草のグラタン ¥1,000
この大きなカキを殻付のままほうれん草と一緒に、
ふわっとしたクリームで焼き上げます。
カキの旨味とクリームの甘味が溶け合い、香ばしさもたまらないと思います。
北海道尾岱沼産の天然ホタテのリゾット、黒トリュフ風味 ¥2,000
オホーツクの荒波で5~6年間育った大きなホタテを丸ごと使用。
旨味たっぷりのリゾットに黒トリュフのアクセントで。

なお、これらのお料理にぴったりのワインもご用意しておきます。

2007キスラー シャルドネ レ・ノワゼッティエール ¥1,500
 カリフォルニアトップのシャルドネの造り手。ミネラル感と果実のとろみが
 ホタテ貝のグラタンにピッタリ。
2000ドメーヌ・トレヴァロン ブラン VdP・ド・ブーシュ・ド・ローヌ ¥1,500
 恐るべしテーブルワインです。しかも非常にレア。(なお通常はボトル¥12,000)
 ブルゴーニュの一流ドメーヌにも負けない完成度の高さは、
 まさに南仏プロヴァンスの家宝。
 カキとほうれん草のグラタンと共に。
kistre.JPG

これらの温かいお料理とワインをお愉しみ頂けたらと思います。
ご都合宜しければ是非お立ち寄り下さいませ。
では、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

 

 

 


いよいよ明日カリフォルニアの超カルトワインがグラスで登場!

カリフォルニアの超レアなカルトワイン、幻のワイン。
層呼ばれるのは、単に数が少ないだけではありません。
実力もやはり超一流だからこそなのです。
その中でも、90年代から現在に至るまで、
人気と実力でトップ集団を走り続けるワインがいよいよグラスで登場します。
おそらく、最初で最後となる事と思えます。

 2003 グレース・ファミリー ¥4,000
 1998 ダラ・ヴァレ カベルネ・ソーヴィニョン ¥3,000
GraceDV.JPG

元証券マンのリチャード・グレース氏がアン夫人とともに都会を離れ、
この地ナパに越して来た際に、葡萄の樹を植えたのが1976年。
1983年には自分達のワイナリー『グレース・ファミリー』を設立し、以来、現在に至るまで
わずか200ケースほどしか生産されず、購入できるのはわずか400名少しの
メーリングリストに名前を連ねている人だけ。
さらにそのメーリングリストには、4000名の人がいわゆる『順番待ち』の状態なのです。
それほど、人気があるのは、やはりとんでもない実力を持った
モンスター級のワインだからです。

一方のダラ・ヴァレは、イタリア出身のグスタフ・ダラ・ヴァレ氏と
兵庫県出身の奥様、直子さんによって1986年に設立されたワイナリー。

娘さんの名前を冠したフラッグシップ『Maya/マヤ』は、
上記のグレースファミリーと並ぶ超人気のカルトワイン。
今回は、マヤよりもこなれるのが早めで、人気の非常に高い
このダラ・ヴァレ カベルネ・ソーヴィニョン、しかも程よくこなれた1998年を
ご用意させて頂きました。

是非、この最初で最後の超カルトワイン特集にお越し頂けたらと思います。
心よりお待ち申し上げております。


明後日12/17(水)は、デュジャックとヴォギュエがグラスで登場!

明後日12/17(水)は、何と!
デュジャックヴォギュエがグラスで登場!
ブルゴーニュの人気、実力ともにトップ生産者のこの両雄。
ドメーヌ・ドゥジャックと、ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ
いよいよ明後日、グラスで飛び出します。
2005 モレ・サン・ドニ ブラン, ドメーヌ・デュジャック ¥1,500
2003 ボンヌ・マール, コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ ¥4,000

何世紀、何代にも続くブルゴーニュの造り手がほとんどのブルゴーニュの中で、
わずか数年で、トップ生産者に上り詰めたドメーヌ・デュジャック
当主のジャック・セイス氏は都会生まれ都会育ち、
ワイン造り未経験の25歳の時に、わずか2年間の修行の後
畑を購入、自分のドメーヌを立ち上げたのが1968年。
以降、何世紀にも続いて築かれた名門のドメーヌを、一気に抜き去り、
一躍トップに上り続け、今なおトップに君臨しております。
カリフォルニアやオレゴン、ニュージーランドをはじめ世界の造り手が、
このデュジャックの当主ジャック・セイス氏を手本としてに挙げる事も多いようです。
ちなみに私、藤次がこれまで飲んだワインで最高に記憶に残るワインの一つが、
このデュジャックのワインです。
(熟成したジュブレ・シャンベルタンのオー・コンボットでした・・忘れられません。)
今回は少量しか造られず、非常に秀逸なこの白を。
モレ・サン・ドニの白って珍しいのです。
本拠地をここに置き、誇りを持ってワインを造り続けるデュジャックは
やはり白もこのモレ・サン・ドニから。
そして、1450年以来の歴史ある名家、コント・ジョルジュ・ド・ヴォギュエ
シャンボール・ミュジニー村を代表する造り手であり、
ブルゴーニュ最高ドメーヌの一つともいえます。
エレガントな女性的なミュジニーと対を成すボンヌ・マールは、、
濃厚でありながら滑らかな果実、そして骨格のがっしりとした男性的な仕上がり。
しなやかさと強靭さが共存しております。
このブルゴーニュの人気トップドメーヌの二つを、
是非この機会に味わっていただけたら、と思います。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。
VogueDujac.JPG


23日(火)祝日も営業します。

こんにちわ!!スープルえりんこです。
最近スープルの入り口にクリスマスツリーきらきらを飾りました。
皆さんご覧いただけましたでしょうかぽっ
えッまだびっくり是非みにきてくださぁ~い号泣!!(写真載せたら見に来てくれないでしょ・・・)
そこで営業日のお知らせをさせていただきます。
いつもはどんなことがあっても火曜日だけはお休みしていたスープルですが

12月23日(火)は通常営業致します。
火曜日お休みだから・・・って思っていらっしゃった皆様!
火曜日営業していたらな~って思っていらっしゃった皆様!!
火曜日にも踊るソムリエ藤次や美味しい料理を作るシェフ田代にも会いたいなと思っていらっしゃった皆様!!!
火曜日・・・しつこいですね(スミマセンショック
とにかくもう一度~
12月23日(火曜日)も通常営業致します。(お席もまだあります)

更に予約状況は・・・
21日(日)&25日(木)のお席まだ空いてまーす。
クリスマスシーズンだから混んでいのでは??と思っていらっしゃる皆様?!
そんな事はございません。
スープルはいつも通り変わらずワイングラス食事!皆様をお待ちしております!!
特典は・・・
グッドこの期間でしか味わえないスペシャルな料理やワインがあること!
オーケーお1人様でも気兼ねなくお食事やワインを楽しんでいただけること!!
ちょきホールスタッフもいつもと変わらない事!!!(笑ってますよ★踊ってますよ)
ぐーキッチンスタッフもいつもと変わらない事!!!!(腕ふるってますよ)
 もちろんクリスマス期間なので、スペシャルなコースもご用意しております。
詳細は↓(お1人からでも楽しんでいただけます。カウンター席もありますよ上向き矢印
http://www.wassys.co.jp/souple/party/index.html

 スタッフ一同!!皆様のお越しを心よりお待ちしております


本日は、ローヌの筆頭シャプティエがグラスで登場!

本日の『水・土のスペシャルグラスワイン』には、
フランス・ローヌ地方の筆頭、シャプティエが登場。
力強さでは、ボルドーにも匹敵するとも劣らないこのエルミタージュ。
その代表的な造り手、シャプティエによるパワフルな白と赤、
ややこなれた感じもたまりません。

 1994 エルミタージュ・ブラン "ド・ロレ", シャプティエ ¥3,000
 1999 エルミタージュ・ルージュ "ル・メアル", シャプティエ ¥3,000

1808年の設立以来、広大な自社畑を所有、
以来伝統的な造りは代々受け継がれてきました。
徹底した有機栽培の実践者で、単一畑のこの両者は、
非常に芳醇な味わい、奥行きのある仕上がりです。

このローヌ、いやフランスを代表する仕上がりのワインを
是非、味わってみて下さいませ。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。
ermitage.JPG