ワインと料理の美味しい関係Part2 ~その2~

こんにちは、シゲこと重枝です。
日曜の勉強会、以前お料理だけご紹介させていただきました。
http://plaza.rakuten.co.jp/souple/diary/201104190000/
その時のえりさんの言葉…皆さん気になりませんでした?

スマイル「料理味付けが今回のキーポイントなんです。」

そう、今回のテーマは「味付けでワインの味がどう変わるか」!
勉強会第2回目 講習.JPG
こんなセットを用意して…
そしてワイン。ロワールの白ワイン、【ミュスカデ】を使います。
酸のきりっとした、とってもすっきりでフレッシュな白ワインです。
どうするかというと…
まずはレモンを齧ります。酸っぱ~!!びっくり
ここでワインを飲んでみると…
あれ、酸っぱくない!?
ロワールってこんな甘いワインだっけ??
これ、レモンの酸味に舌がなれちゃって
ワインの酸味を感じにくくなったんです。
氷水を触った後に普通の水を触ると暖かく感じるのと同じですね。えんぴつ
塩とリンゴでもかなり変わりました!
詳しくは是非スタッフへお尋ねくださいウィンク
赤ワイン、チリの【トルメンタ カベルネ・ソーヴィニヨン】でもトライ。
写真の白身魚、牛肉、鶏肉ともあわせてみます。
味付けなしで食べてみて、それから塩やレモンをかけてまた試食&試飲ワイングラス
白ワイン、赤ワインと何通りも試してみました。
こちらも詳しくはスタッフまで♪
「味付けでこんなに違うんだ…!」
スタッフ皆で違いに感動した所で…
早速実践!
前回と同じペアでチーム戦です☆
お題は「豚肉と白ワイン」!!

各チームの料理とワインは…
またブログにて!!

 

~おまけ~
Soupleの人気メニュー、まるしんの炭焼きの薬味に
塩、マスタードに加え、レモンも加わりました!
この感動、是非是非皆さんも味わってみてください!星


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です