『ベルグストロム』ワイン会開催決定! 2/6(水)

banner.JPG
来月2/6(水) スープルにてオレゴンのトップ生産者『ベルグストロム』より
生産者を招いての『ベルグストロム』ワイン会が開催されます。
皆様、『オレゴン』という地域をご存知でしょうか?

映画『スタンド・バイ・ミー』の舞台となった場所、
昔のテレビドラマ『オレゴンから愛』の舞台となった場所。
畑が遠く地平線まで広がる光景が印象的で、これらをご覧になられた方は、
アメリカ大陸の内部だとイメージされる方が多いようですが、
カリフォルニアの北に位置する太平洋に面した西海岸の大地です。
oregon2.JPG
近年、このオレゴン州は、良質のワイン産地として認められてきております。
歴史的にはまだ短いものの、世界三大ピノ・ノワール産地として、
世界的に脚光を浴びております。
ブルゴーニュ以上にエレガントな仕上がりのものから、複雑なもの
そしてパワフルさが前面に押し出されたものまで幅広いピノノワールが産み出される
大地なのです。(広大なアメリカからみれば、ほんの小さな大地です)
また、ピノノワールだけにとどまらず、ピノグリリースリング
これまでの新大陸にはない、上品さを持ち合わせた素晴らしい仕上がりを見せております。

そのオレゴンの中でも最高の造り手のひとつ『ベルグストロム』より、
オーナー兼ワインメーカーのジョシュ・ベルグストロム氏がスープルにやってきます。
勿論、オレゴン屈指ののピノノワールをいくつも引っさげて!

彼を囲んで、ワイン造り、オレゴンという地、ピノノワールについて等
楽しいお話を交えながら、世界でもトップレベルのピノノワールに酔いしれましょう!

この日は、スープルのシェフ田代がこのベルグストロムのワインのためだけに仕上げる
最高のマリアージュ料理をご用意しております。
この日のワインのラインナップは
2006 ドクター・ベルグストロム リースリング ウィラメットヴァレー
2004 ベルグストロム ピノ・グリ ウィラメット・ヴァレー
2005 ベルグストロム ピノ・ノワール ウィラメット・ヴァレー
2004 ベルグストロム ピノ・ノワール カンバーランド・リザーヴ
2004 ベルグストロム ピノ・ノワール ベルグストロム・ヴィンヤード

さらにもう一種類、超レアアイテムも加わります。
なお、お席に限りがございますので、お早めのご予約をお待ち申し上げております。
berg_logo.JPG
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

『ベルグストロム ワイン会』

場所:Wassy's Dining Souple
      <大阪市四天王寺区六万体町5-13 Wビル3F>
http://www.wassys.co.jp/souple/ope_hours.html
日時:2008年2月6日(水)
   20:00~22:30 (19:30より受付)
お値段:¥15,000(税込)
ご予約:TEL:06-6774-8866(ワッシーズにて受け付けております)
メールにてお問い合わせは
souple@wassys.co.jpまで
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ベルグストロムとは~
1999年に初リリースという、まだ新進気鋭のワイナリーながら、2001年に
このベルグストロム ウィラメット・ヴァレー のピノ・ノワールが評価され
オレゴンのトップ生産者に仲間入り。
さらに2003年のベルグストロムのワインは4種類が世界的なワイン雑誌で高得点を叩き出し、
一躍、世界でもトップレベルのピノノワールのひとつとなったのです。
また、この最高の品質を維持するべく、年間6000ケース以上のワインは生産していないため、
あまり皆様もお見かけないレアなカルトワインでもあります。。
実際に訪れた際も、『よくもまあこんな小さな小屋から、あんなパワフルなワインが出来るなぁ』
というのが率直な感想でした。(当時新ワイナリーを建設中でしたが)
有機栽培による自社畑の他、オレゴンで最高のいくつもの畑と契約し、
様々なワインを仕上げるこのベルグストロムですが、
それらすべてのワインから一貫してベルグストロムらしさ、というべき凝縮感、骨格のがっしり感が感じられます。
bergstrom.JPG

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です