ヴァイン・クリフからロブ・スウィーニー氏来店

ハロウィンも明け、いよいよ11月に突入しましたね~。
本日は天候もイマイチ。
そんな11月の幕開けですが、本日のランチにカリフォルニアのナパのワイナリー
ヴァイン・クリフ/Vine-Cliffより総支配人でありブドウを自ら育てている
ロブ・スウィーニー氏がご来店。
ナパ・ヴァレーのオークヴィルに位置するこのヴァイン・クリフ
古くは1871年に遡るこの歴史あるワイナリーを現在、このスウィーニー一家が
受け継いでおります。
先日までこのロブ氏自らが収穫をしていたというワインに多大な情熱を注ぐ彼のワインは、
土地のイメージとは異なり、非常に繊細なワインでした。
もちろん、果実は凝縮しておりますが、香りにはどこか爽やかなミントが混じっていたり、
味わいの奥にしっかりとした酸が感じられました。
これは、シャルドネにもカベルネにも共通して感じられたエレガントさでした。
そんな彼のこだわりある情熱が伝わるこのヴァイン・クリフの2種類。
カベルネ・ソーヴィニョンシャルドネの2種を。
本日、明日(11/111/2)の2日間限定で、グラスでご用意させて頂きます。
是非、この機会をお見逃しなく!
2005ヴァイン・クリフ シャルドネ ロスカーネロス \1,400(グラス)
2003ヴァイン・クリフ カベルネ・ソーヴィニョン ナパ・ヴァレー \1,600(グラス)
vinecliff.JPG
シンプルなラベルにも繊細なイメージが感じられます。
rob1.JPG
ドラマ24のジャック・バウワー(キーファー・サザーランド)のような風貌のロブ氏。
東京~名古屋とお疲れの中、ワイン造りについて熱く語って下さいました。
さすが24時間眠らない男です。
rob2.JPG
繊細な味わいの彼のワインは、本当に食事との相性が素晴らしく、
全員、ついついワインが進んでしまってました。
Fujitsugu