【期間限定】ボトル無料持ち込みキャンペーン

———————————————————
 ☆★☆★☆★無料ワイン持ち込み企画☆★☆★☆★☆
———————————————————

スープルでは

|★|2月23日(火)~2月28日(日)
└──────────────────────  の期間

お得な無料企画を実施しちゃいます。
~大人気のこの企画~

【ワイン持ち込み無料お試しキャンペーン】
                 (通常1本¥2,000)

ご自宅に眠っているワイン!!
皆様いろいろご自宅に眠っているようで
セラーや流し台の下を開けてみるとありませんか?

前回、ワインをお持ちのお客様にお伺いしてみたら
おうちにあるワインには・・・こんなお悩みがあるようで★


・開けるタイミングが・・・
   →タイミング?今です!!この期間に是非

・もったいない?!
   →もったいない?飲まない事がもったいない!   

・グラスがない
   →問題なし!スープルでは約20種類のグラスを常備してます。    
       
・合わせる料理が難しい
   →こちらも問題解決!ワインの資格を持つシェフ田代にお任せください

・開けるのが怖い・・・
   →華麗に解決!プロがお客様の大事なワインを責任を持って最高の状態に…

その悩みは全て解消!!
この機会に是非お気軽にスープルにお持ち込み下さい!

 
■□お客様の大切なワインを最高の状態に引き出します
——————————————————–
温度や、デキャンタージュなど、
ソムリエ藤次やスタッフがご相談させて頂きながら、
【約20種類のグラス】から、
そのワインに最も適したグラスでワインをお楽しみいただけます。
FUJI.JPG

■□お客様の大切なワインにピッタリでさらに美味しく
——————————————————–
ワインの資格も持つシェフ田代が、
お客様の様々なワインにあわせられるよう
多種多様なお料理をご用意しております。
tashiro.JPG

もちろんお持ち込みのワインは
ご家庭のワイン以外でも、約2,000種類の品揃えの
wassys4.gif
姉妹店Wassy'sで ご購入頂いたワインでもOK!

お友達とご一緒に1階の姉妹店ワインショップWassy'sで
ワインを選ばれて飲むのも、普段とは違い
ちょっと面白い愉しみ方かもしれませんよ★

その他ご要望もお気軽にお申し付け下さい。
是非、この機会にワインの持ち込みを体験してみましょう!

ご予約、お問い合わせはお気軽にスープルまで
Tel:06-6774-9000
ホームページ【http://www.wassys.co.jp/souple/index.html】
お席が込み合う日もございますので、お早めのご予約お待ちしております。

なお、この期間(2/23~2/28)の持込はお一人様一本までとさせて頂きます。
また、ゆったりとワインをお愉しみ頂くため、
※6名様までのご利用を推奨します。
7名様以上でのご利用の場合は、グラス使用料としましてお1人様¥1,000を
頂戴致します。ご了承下さいませ。       
 
******************************
誠に申し訳ございませんが・・・スタッフエネルギーチャージの為
2月15日(月)~22日(月)まで、お休みさせていただきます。
期間中のお問い合わせは姉妹店プティスープルにて
電話06-6774-0117
ご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。
******************************


BiGな周年ウィーク開催中!!

無事にNZから帰国しました~
マネージャー藤次・・・一段と○○になって
昨日からお店に登場!!
○○って?何っ?って思われているお客様~
是非見に来て下さい!!
NZは只今反対の季節・・・そう“夏”だったのです!!
バータイムになると、、、どこにいるのか解らなくなるくらい・・・
○○になっています(笑)
そんなスープルは
只今8周年ウィークの真っ只中★
あん肝.JPG
シークレットにしておりました、8大珍味最後の1つは
あん肝のステーキ♪

これで全てが明らかに・・・
その他の7つはこちら
http://plaza.rakuten.co.jp/souple/diary/201002070001/
今週の予約状況は・・・
12日(金)&14日(日)が若干お席がございます。
是非この期間限定の8大珍味をご賞味くださいませ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2月15日(月)~23日(月)まで冬休み
明けの24日(火)~
またまたやります・・・
ワイン持ち込みお試しキャンペーン
詳しくは後日ブログにて・・・
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


無事に帰国!!

朝出勤し、ブログの写真を探していると・・・
彼のNZの写真を見つけました大笑い
その中でかっこいい写真をみつけましたぁ★
ちょっといいアングルで~イケてませんか?手書きハート
帰国.JPG
マネージャー藤次 無事に今朝
帰国致しました♪
本日より~お店に出ておりますので~
是非会いに来られませんか??
いろいろなNZのお話聞いてみませんか??
現在・・・スープルは8周年ウィーク中
スペシャルグラスワインは全て
マグナムボトルロゴ.JPG
以上でご用意しております♪
14日までの年に一度のお得なウィーク!!
合わせてご利用くださいませ★☆★


こちらも登場!!

今朝マネージャー藤次がUPしておりました。
39.JPGクォーツリーフのワイン
こちらもマグナムでご用意しております。
周年BIGボトル9日.JPG
しかもサイン入り!!是非この機会に♪
そして、先ほど連絡がありました~
後1時間でマネージャー藤次は飛行機に乗り
日本に向けて帰ってまいります。
是非周年のスペシャル8大珍味&マネージャーのNZの話を
食べに・・・聞きに・・・お待ちしております。


リアルタイムNZ ツアー記~最終章

いよいよ約1週間過ごしたニュージーランドともお別れです。
まず、後1日こちらに残られるヴィレッジセラーズの
コーエンさんと中村さん、味岡さんとお別れ。
そして残りの前田さん、杉山さん、鈴池君と関空に向かいます。
本当にお世話になりました。
自分自身で、想像してた以上に身に付けれたものは大きいと思います。
今後も何卒宜しくお願い申し上げます。
ニュージーランドでお会いした数々の生産者の方にももちろん本当に感謝です。
それぞれの素晴らしいパッションを、
日本のお客様に伝えていきます。
KiaOra!(キオラ!)
スープルのお客様へ。
この期間は大変ご迷惑をお掛けいたしました。
明日、水曜日より店に出て、
色々とお話させて頂こうと思います。
是非ご来店下さいます様、お願い申し上げます。
また、この期間非常に多くの方が、このとりとめもないブログの連続をご覧頂き、
本当に感謝いたします。
お陰様で、これまでの何倍も越えるのアクセス数となったようです。(1日500以上の日も)
ありがとうございます。
最後に、このツアーに行かせて頂いた部長、紀子さん、
ご協力頂いた各部署の方々、
そして何よりこの留守期間、しっかりと頑張ってくれたSoupleスタッフに心より感謝申し上げます。
藤次 洋貴
from NZ


お待たせ致しました~★NZ写真UP完了★

昨日・・・携帯電話に・・・
【通知不可能】から電話があり・・・
恐る恐る出てみると、
マネージャーからでした。
ブログの写真を全て添付して送ってもらい、
先ほどNZの
全ての写真の
貼り付け完了致しました。

是非読まれた方ももう一度・・・
だってマネージャー藤次、やっぱり少しぽっちゃりびっくりしたような(笑)
明日帰ってくるのが楽しみです!!
そして、スープルでは★
周年BIGボトル9日.JPG
先ほどブログに上がっておりました~
モートンエステイトのスパークリングをご用意しております。
実は・・・真ん中のマグナムボトルロゴ.JPGをあけちゃいます★
この機会にぜひ~♪
*********************************
スープルまもなく8歳になります。
皆様に感謝の気持ちを込めまして・・・
9日(火)~14日(日)まで8周年Weekを開催
【スペシャルな料理&ワインが登場】
詳しくは・・・http://www.wassys.co.jp/event/index.html#event05
*********************************

 


リアルタイムNZ ツアー記~38

モートン・エステートです。
スパークリングワインに使われる葡萄は、
この美しく、非常にに手入れされた畑から。
畑のすぐ横は、透き通るようなきれいなナルロロ川。
マスが泳ぎ、十分飲めるくらいです。
Fujitsugu


リアルタイムNZ ツアー記~37

トリニティーヒルのワイナリーに入ると、
まずアシスタントワインメーカーのデミアンさんが、畑や土壌などの説明をして下さいました。
そして醸造所の中で、チーフワインメーカーのハンコックさんより、ワイン造り、哲学などを伺う事に。
ブルゴーニュでのワイン造りを基に、
ヨーロッパの技術と、ニュージーランドの風土の最高の組み合わせに焦点を当て、
妥協のないワイン造りをしております。
話を伺い、色々と質問をぶつけながら、色々試飲。
そこに出して頂いたのが、
まず
Hという彼の名を冠したスパークリングワイン。
飲んだ瞬間に驚き。
非常に華やかな香にシャープで引き締まり透明感溢れる仕上がり。
そしてフランスのパスカル・ジョリヴェとのジョイントのソーヴィニヨン・ブラン、
『メティス(新しい組合せの意)』
これまた、パッションフルーツの香に繊細なまとまりある仕上がり。
驚き第2弾でした。
さらにシャルドネは、フルーツたっぷりのシリアルの様な好バランスの複雑さ。
特別に2005トリニティーを。
若いうちからスマートでエレガントなワインですが、熟成すれば、さらに奥行きが深いものになります。
シラーは最上級のオマージュまで。
本当に全体的にヨーロッパの良い所、かつこの土地に、気候にあう要素を
本当に上手くとりいれ、
ニュージーランドらしさも上手く絡めて、非常に上手く仕上げております。
その後はトリニティーヒルの庭で、ハンコックさんと共に立食ランチ。
2007のテンプラニーリョをその際に開けて下さり、
これが、また格段の味わいでした。
このツアーで、最も感銘を受け、また自分のイメージが変わったワイナリーでした。
Fujitsugu


リアルタイムNZ ツアー記~36

ホークスベイのトリニティーヒルに。
ワイナリーの後ろに、ロゴイメージとなってる山を発見。
看板に掛かれたロゴと山をあわせてみました。
Fujitsugu