ロングシャドウズ

本日は朝一にロングシャドウズのザ ベンチズヴィンヤードに!
ワインメーカーのジル ニコールさんに案内して頂きました。
ロング シャドウズは世界の偉大なワイン産地からそれぞれ最も偉大なワインメーカーとして知られる7人のエリート集団をワシントンに導き、ワインづくりを始めました。
ホテルからバスで1時間。
コロンビア川を渡り、乾燥した荒野を抜け
rblog-20140721121044-00.jpg
到着!
夏場に雨は降らずとても乾燥した土地。年間降水量は150ミリ程だそうです。
日本じゃ台風来たら1日ですぐ超えちゃう量ですね。
なのであらゆる植物に灌漑が必要だそうです。
水源は地下水や水量全米2位のコロンビア川。
コロンビア川の全体の3%の水を使うそう。
もし、新しく何かの畑をする場合でも今は灌漑の申請が厳しく、もっと上流に行かないと無理だそうです。
rblog-20140721121044-01.jpg
こんな荒野に畑が…
コロンビア川の北側。とっても良く日が当たり、ものすごく風通しが良い土地。
ザ ベンチズヴィンヤードは標高90m?430mの各区画に色々なブドウを植えています。
リースリング、シラー、カベルネ、マルベック、バルベラ、サンジョベーゼetc だそうです。
ザ ベンチズヴィンヤードでは灌漑は開花とブドウの色付きの時のみで、後はブドウが頑張って根を伸ばし土壌の母石からミネラルをたっぷり吸収できるようにしています。
ただ、リースリングは例外的にその他の時期にも灌漑するんだそうです。
rblog-20140721121044-02.jpg
土壌は鉄分を含んだ赤い石がゴロゴロしています。
rblog-20140721121044-03.jpg
こちらはポエッツリープ リースリング用の畑。
今は日差しが強いので、外側のはを落とさず陰をつくり、内側のはを落とし風通しを良くしているそうです。
この後ワイナリーでティスティングです\(^o^)/


キングエステート4

続いてワイナリーを案内して頂きました
rblog-20140721002015-00.jpg
色々な大きさのタンクが置いてあり、区画毎に品質が違うのでタンクを変えているとのこと。
1番小さなタンクは実験用だそうで、絶えず改善を続けてより良いワイン造りをしていくためだそうです。
ちなみにワイン造りの80?90%は畑の仕事という考えだそうです。
rblog-20140721002015-01.jpg
こちらはフランス製の電気の力でワインを低温にせずにカリウムを取り除く機械だそうです。
フレッシュかつワインのバランスを崩さないとのこと。
2010年から使用。中の機械部分は日本製だそうです。
rblog-20140721002015-03.jpg
赤ワインは天然酵母と培養酵母どちらも使うそうです。
樽にはエステートのピノノワールやワシントンからのカベルネやシラーが入っています。
トータルなんと…3000樽 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ
ピノノワールは10ヶ月、カベルネやシラーは14ヶ月熟成で、シグネチャー ピノノワール30%、アクロバット ピノノワールは15%新樽だそうです。
rblog-20140721002015-02.jpg
その後タンクから直接試飲させて頂きました。
2013年のドメーヌ ピノノワール
エステート内のピノノワール全350tのうち6tのピノで作られ、6ブロックほどのブレンドだそうです。
いい感じです!


キングエステート3

マルチネスさんに案内され畑に。
広?いエステート内はこちらで移動????
rblog-20140720161230-00.jpg
スクールバスですっ
rblog-20140720161230-01.jpg
こちらは台木の畑。
剪定、摘葉など一切せずに自由に枝を伸ばしているそうです。
ワイン用と比べると、何だかワイルド!
rblog-20140720161230-02.jpg
こちらは一つの畝で左手の枝、つまり西側にピノグリ、逆の東側の枝にピノノワールがなっています( ̄O ̄;)
ちなみに土壌は火山性土壌と海洋性土壌が混じっているそう。
rblog-20140720161230-03.jpg
キングエステートはエステート内で苗木、台木
、ブドウ畑、肥料まで作っているオーガニック認証のあるエステート。
さらには果樹園、野菜畑、養蜂、シャルキュトリー、ペストリー、レストランと何でも手作り!
ワインのこだわりは次のブログで(-_^)


キングエステート2

続いてマルチネスさんとても貴重な接木体験をさせて頂きました(-_^)
こちらの昔のミシンの様な足踏み式の機械で、アメリカの台木にワイン用のブドウの木を接いでいきます
rblog-20140719153423-00.jpg
rblog-20140719153423-01.jpg
この様に枝と枝がΩ型に、まるでパズルの様に組み合わさります
さらに畑で接木する方法
rblog-20140719153423-02.jpg
台木の芽を切り取って?
接ぎたいブドウの木の芽を貼り付け、テープで固定して完成
rblog-20140719153423-03.jpg
この後、畑に行きます


キングエステート

ダンディヒルズから車で2時間半、キングエステートのあるロレーンヴァレーにやって来ました\(^o^)/
rblog-20140719150535-00.jpg
周りにはな?んにもなく、キングエステートの畑とワイナリー、ゲストハウス、レストランのみ。
お昼前に到着したので、先ずは腹ごしらえ
rblog-20140719150535-01.jpg
ブドウ畑を見渡せる丘でランチです。
rblog-20140719150535-02.jpg
その後、ヴィンヤード マネージャーの メルトン マルチネスさんにガイドしてもらいました。
rblog-20140719150535-03.jpg
何と今回は接木の体験です Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


ドメーヌ セリーヌ3

さて、テースティングルームがこちらΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
ゴージャス
rblog-20140718232435-00.jpg
左右にはエヴェンスタッドやモノグラムのバックヴィンテージが…
rblog-20140718232435-01.jpg
今回のワインですっ
rblog-20140718232435-02.jpg
R ロゼ
いきなり日本未入荷!
複数のブドウとヴィンテージのブレンド。
南仏のバンドールロゼのスタイルだそうです。
残糖無しの辛口。フレッシュでエキゾチックな爽やかなお味。
ピノノワールと醸造したてのシャルドネと後1種類秘密のブドウをブレンドしてるそう。
2012 エヴェンスタッド リザーブ シャルドネ
8ヘクタールの自社畑。
2012年で3ヴィンテージ目。ピノノワールと同じくブレンドされています。
2012年は非常に温暖で乾燥した年。
力強く凝縮したものができました。
シトラス、スモモ、ナツメグの香り。凝縮してますがしっかり酸がありボテッとしていません。美味し?い *\(^o^)/*
2011 ピノノワール ヤムヒルキュヴェ
自社畑。果実が前面にでたアプローチしやすいものを目指してるそうです。
赤系果実の印象。甘味のあるスパイスの香り。
料理に寄り添ったワインですね。
2011 エヴェンスタッド リザーブ ピノノワール
セリーヌのフラッグシップ。
複雑性があり力強い。
赤系果実やバニラ、杉の木などの香り。しっかりした酸がありエレガント。
こりゃ美味いっす(-_^)
2011 トゥーバーンズ ピノノワール
日本未入荷。シングルヴィンヤード。
標高の低い海洋性の土壌。
とっても良く熟した黒系果実の力強さ。裏腹にエレガントな酸もありギャップ有り。後味はビターっす。
2011 コートスッド ピノノワール
日本未入荷。シングルヴィンヤード。
黒系果実の凝縮感!胡椒、シナモン、杉の木の香り。とっても酸とのバランスがとれていて、
うまうま \(^o^)/
2011 グランシュヴァル
日本未入荷。
なんと、ピノノワールとシラーのブレンド。
ワラワラのセブンヒルズから。
オーナーのお父様がノルウェー移民の農夫さんだったのですが、馬で畑を耕すとても大きな人だったらしく、そのお父様になぞらえて作ったそうです。
たっぷりとした黒系果実のヴォリュームと甘味があります。ステーキと良く合うとの事です。
rblog-20140718232435-03.jpg
最後にエリックさんとライアンさんとパチり


ドメーヌ セリーヌ2

セラーに案内して頂きました(^o^)
ブドウは全て手摘みで収穫し選果台で選別され、畑毎に分けられ醗酵。
rblog-20140718110648-00.jpg
写真は除梗機です
これが5層になった1番上の階で行い、床の穴からその下の階に移されます。
なるべく人の手による介入を抑え、ワインを自然の重力を利用して優しく取り扱っているそうです。
rblog-20140718110648-01.jpg
醗酵が行われるタンクは120以上。
全てモニタリングされているさそうです (; ̄O ̄)
rblog-20140718110648-02.jpg
数ヶ月前に2012年を樽に移したそうです。
樽は10社、60種以上を使い分けていると仰ってました。
rblog-20140718110648-03.jpg
自社内にボトリングの設備を持っているので、ベストのタイミングでワインをボトルに詰めれるそうです。
さすがセリーヌですね^_^


ドメーヌセリーヌ

17日の午後は ドメーヌセリーヌです。
全米最高のオレゴンピノノワールに選ばれる程評価が高く、スープルでも大人気のワイナリーです*\(^o^)/*
6月にスープルにお越し頂いた、エリックさんに畑を案内して頂きます
rblog-20140718104343-00.jpg
セリーヌを代表するエヴェンスタッドです
rblog-20140718104343-01.jpg
一続きの大きな畑に見えますが、幾つかの区画に別れています。
手前がコートスッド、奥がゴールドイーグル、1番奥の平坦な所がグレイスです。
rblog-20140718104343-02.jpg
コートスッドのシャルドネです。
南向きでエヴェンスタッドの中で最も暖かい
畑。
種の硬さを見て、来週あたりに房の重さを計って、最終の収穫量を予想するそうです。
2014年はとても良い出来だそう
rblog-20140718104343-03.jpg
樹齢15年。写真は台木の接木部分です。
この後セラーに(^∇^)


ケンライト2

rblog-20140717222524-02.jpg
さて、今日のティスティングは、
rblog-20140717222524-00.jpg
全て2012年のシングルヴィンヤードのピノノワールです
カナリーヒル
火山性土壌
東向きの畑で、柔らかい朝日を浴びて育ったブドウだそうです。
チェリーなどの赤いフルーツのニュアンスで優しい酸。飲んでいてハッピーになって来る可愛い奴でした ^_^
カーター
火山性土壌
西向きの畑で午後の暑い日差しを受けて育ったブドウ。
溢れ出るベリーの香り。パワーがあって、柔らかいタンニンを感じさせるワイン。
これまた美味しい(^o^)
グアダルーペ
海洋性土壌
胡椒などのスパイス感や杉の木の香り、ジューシーで軽めの口当たり。タンニン柔らか。
アボットクレイム
海洋性土壌
黒胡椒やシナモンなどのスパイス感。グアダルーペより力強く、甘味や苦味も大きいです。
これ美味しい?*\(^o^)/*
でも、日本未入荷…
シェー
海洋性土壌
ケンさんのお気に入り。
東向きの区画。力強くかつ優しい。シナモンや杉の木の香り。
ラベルの7はケンさんお気に入りの区画ブロック7だそうです。
これまた美味しい?*\(^o^)/*
しかし…日本未入荷 T^T
サヴォイア
海洋性土壌
南東向きの畑のブドウ。
ガッチリした黒系フルーツ、たっぷりしたボリューム感。締めにキュッとくるタンニン。
2012年は暑過ぎす、寒過ぎずでピノノワールにはとっても良い気候だったそうです。
確かにどれも美味いっす (^∇^)
ティスティングの後はケンライトセラーズの皆さんとランチ
ビッュフェスタイル
rblog-20140717222524-01.jpg
rblog-20140717222524-03.jpg
美味しく頂きました。
皆さんありがとうございました*\(^o^)/*
午後はドメーヌセリーヌへ


ケンライトセラーズ

今日はオレゴン州カールトンのケンライトさんのワイナリーにお邪魔しました。
ワインは素材(テロワール)が全て。
偉大なワインは偉大な畑のブドウでつくられる。
この言葉通りに素晴らしい単一畑のピノノワールを世におくりだしています。
4月にスープルに来て頂いたケンさんと再開^_^
rblog-20140717214911-00.jpg
先ずは畑を見せて頂きました!
場所はシングルヴィンヤードでもリリースされている アボットクレイム
rblog-20140717214911-01.jpg
そして土壌のお勉強(^o^)
火山性土壌と海洋性土壌についての熱い講義が炎天下のなか続きます(; ̄O ̄)
簡単に言うと、火山性土壌はフルーツをよりフォーカスしたもので、酸が高く夏向け
海洋性土壌は花やスパイスの特徴で、酸度も低め。冬向き
ピノノワールに影響を与える場所の理解が重要と言うことでした。
また、地下の微生物のコントロールも大切とおっしゃっていました。
ちなみに2014年はずっと温暖でこれ迄は素晴らしい年だそうです。
さらに今年植え付けたばかりの畑の区画に
rblog-20140717214911-02.jpg
ボニージーン畑です。日差しが暑い…
ここからはヴィンヤードマネージャーの マークさんも加わり土壌やヴィンテージによる違いのお勉強
rblog-20140717214911-03.jpg
ボニージーン畑だけで5種類の土壌があるそうです ( ̄◇ ̄;)
ここで一旦マークさんとお別れし、セラーに移動してお待ちかねのティスティングです